ホームページ・Webサイトの基礎知識

ホームページとはインターネット上に公開されている、「HTML」と呼ばれる言語で作成されたWebサイトのことを指します。「Home Page」の頭文字を取って「HP」とも表記されます。

本来はWebサイトのトップページのこと、あるいはブラウザを起動した時に一番最初に表示されるWebサイトのことを「ホームページ」と呼んでいましたが、最近ではWebサイト=ホームページとして使用されることがほとんどです。しかし紛らわしい為、以下のように表示します。

ページの玄関となる最初のページトップページ
HTMLで書かれたページの総称をWebサイト

会社のWebサイトの開設に必要なものは?

企業・お店のWebサイトを開設するために、最低限必要なものとして

  1. Webサイトを構成するデータ
  2. サーバ
  3. ドメイン

3つがそろった時点で、インターネット上にホームページを公開することができるようになります。

1.Webサイトを構成するデータ

パソコンの操作に自信があり、労力と時間を費やせる方ならご自分でデータを制作することは可能です。個人の趣味で、作ることが目的ならば、開設した時点で達成されます。しかし、ビジネスに活かそうとお考えでしたら働くWebサイトでなければ意味がありません。

eサービスではお客様の要望・目的を明確にし、想いやこだわりを共有しながらWebサイト構築をいたします。

2.サーバ

Webサイトのデータを格納する場所。Webサイトはここから世界へ発信されます。サーバの確保には、契約しているプロバイダが提供しているものを利用するか、無料、あるいは有料のレンタルサーバーを利用します。

商用サイトに最も優れたサーバーを探すならば、やはり有料サーバになります。

利用料金は、付属サービス・機能の種類や設定、専用と共用の区別と容量、バックボーンの信頼性などにより幅があります。
eサービスの制作プランはサーバー代込みとなっております。お客様のWebサイトに最適なサーバを選定させていただきます。

3.ドメイン

Webサイトのトップページの住所となります。

ドメインにも無料で利用できるものがありますが、文字列が長くなったり、会社とかけ離れた覚えにくいものとなります。

商用サイトならば独自ドメインの取得は必須です。ただ、独自ドメインは早いもの勝ちなのです。

eサービスの制作プランはドメイン代込みとなっております。お客様と相談して会社やお店の名やイメージできるドメインをご提案させていただきますのでお選びいただけます。

ご提案した以外のご希望には沿いかねる場合がございますが、お客様のWebサイトに最適なドメインを選定させていただきます。

Webサイトの開設後の運営は?

Webサイトの構築は期間限定の作品制作プロジェクトではなく、常に進行形の性質のものです。長期間に渡る管理や技術的なメンテナンスは必須です。

  1. ページの更新・追加
  2. コンサルタント
  3. サーバ・ドメインの維持

主なものはこの3つです。

eサービスでは各制作プランによって月管理更新費用がございます。

1.ページの更新・追加

働くWebサイトの条件として情報の新鮮さと豊富さです。閲覧者にとって新しい情報の存在は再訪する理由の1つになります。

最新情報、新商品の紹介、新しい企画等々写真やテキストの入れ替えやページの追加などの作業を継続しなければなりません。

eサービスの制作プランは1年契約となります。各プランに合った管理更新が月費用に含まれております。次年度のサーバー・ドメイン代も含まれております。

2.コンサルタント

どのWebサイトでも公開した直後から来訪者がたくさん訪れるものではありません。会社と同じように成長していくものなのです。

商品開発・販促活動を怠れば成長はありません。制作後もお客様のWeb相談相手としてベストパートナーでありたいと思っております。

Webサイトに限らずeサービスでは、社内LANやPC設定についてのご相談も承ります。ご契約のお客様に対しては、上記内容のサポートも行っております。

3.サーバ・ドメインの維持

開設初期に導入したサーバー、ドメインとも定期的に使用料・維持費が発生します。

eサービスの月管理更新費用は1年契約となっており、サーバ・ドメインの維持費用も月費用に含まれておりますので、ランニングコストは各プランの月費用のみとなります。プランの詳細は制作パッケージプランをご覧ください